ipad使い方

iPadの使い方徹底マスター

iPadの使い方でつまずいたり、どのように使いこなすのか?迷っていませんか! 使い方を知ることでiPadがさらに生活に密着したツールになります。

iPadでGoogleの検索履歴を残さないようにするには?

 

iPadで、ネット検索をするとき、みなさんはどんなアプリを使用していますか。

 

元々標準で装備されているアプリで、よくつかわれるのがSafariというアプリです。

 

これをタップすると、インターネット画面に接続できます。

 

検索も通常のパソコンと同じように、検索ボタンに直接単語を入力できますね。

 

他にも検索できるサイトの無料アプリも多数あります。

スポンサーリンク

 

 

今回はGoogleの紹介です。

 

 

Googleも専用アプリがあります。

 

  • 検索ボタンが中央に出てきて
  • シンプルな画面で
  • 使いやすい

 

ので試してみるのもいいですね。

 

僕もGoogleアプリを使って検索しています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Googleなどの検索サイトから検索した単語を削除する方法

 

 

基本的にiPhoneなどと同じように「設定」から操作していきます。

 

「設定」から「Safari」を開き、下の方にある

 

「履歴とwebサイトデータを消去」をクリックします。

 

2015102001

 

 

これで、インターネット上で検索したページが削除されました。

 

 

もう一つ忘れてはいけないリセットがあります。

 

もう一度、「設定」から「一般」をクリックします。

 

その後「リセット」を選択して、

 

「キーボードの変換学習をリセット」を行いましょう。

 

2015102002

 

 

これで検索した単語の履歴も削除されます。

 

 

 

検索した単語が何度も出てきて、

 

使いにくいな、と思ったら、

 

是非以上の方法を試してみてください。

 

 

 

「Google」のアプリを使っている場合

 

 

このアプリをタップしてから

 

左上の「設定」ボタンをタップし

 

「プライバシー」から「閲覧」をタップします。

 

「端末上の履歴を消去」をタップすると今までの履歴が消去されます。

 

2015102003

 

 

またその上に出ている

 

「端末上の履歴」ボタンをオフ(白色)にしておけば、

 

そもそも閲覧されたページの履歴を残さないという設定にもなります。

 

 

 

履歴を残したくないが、

 

いちいち消去するのも面倒くさい、

 

という時に便利な機能です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

便利操作   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

数式に答えを入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

TOPへ戻る