ipad使い方

iPadの使い方徹底マスター

iPadの使い方でつまずいたり、どのように使いこなすのか?迷っていませんか! 使い方を知ることでiPadがさらに生活に密着したツールになります。

iPadをナイトシフト設定にしてブルーライトを削減して安眠へ

 

パソコンが今や一家に一台ではなく、一人一台の家庭もさほど驚かない時代に。

 

特にノートパソコンの価格が下がってきたことが何よりも大きい。

 

しかしここで最近よく問題視されているのが、「ブルーライト」

 

特に就寝ぎりぎりまで【パソコン】【スマホ】【タブレット】を操作してしている

 

ユーザーの多いこと。

 

スポンサーリンク

 

 

ブルーライトは安眠を妨げる

 

 

最近では眼鏡ショップだけでなくホームセンターでも低価格で、「ブルーライト」を遮断する

 

PC用メガネが販売されているぐらいなので見たことがある人も多いと思います。

 

テレビの医療系の番組でもよく寝る前の「ブルーライト」は極力避けたほうがいいと思います。

 

それは

 

  • 目の疲れ
  • 目の痛み

 

などの症状が起きやすくなるためです。

 

特にパソコンやスマホやタブレットは至近距離でしっかりと見るために、目の負担は個人差はあるものの

 

影響力は大きいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

iPadは「Night Shift(ナイトシフト)」でブルーライト削減が可能に。

 

 

昼間と夜間では室内で利用していても明るさが異なってきます。

 

設定は手動で変更できますのでお好みで変更してください。

 

 

では!「Night Shift(ナイトシフト)」の設定方法

 

設定→画面表示と明るさをタップ

 

Night Shiftをタップ

 

2016061301

 

 

時間設定はお好きな時間帯に変更することが可能です。

 

時間指定をタップし変更してください。

 

2016061302

 

 

まとめ

 

 

「Night Shift(ナイトシフト)」に設定を変更したからといって安心しすぎてはいけません。

 

就寝に影響が出てきます。

 

ブルーライトは削減されますが、できれば市販されています「ブルーライト対応」の眼鏡を

 

使用することをおすすめいたします。

 

 

何事もやりすぎることが一番負担がかかります。

 

特に小さなお子様などは、時間を決めて行うように注意が必要に思います。

 

 

最近のスマホやタブレットのアプリやゲームでも、無料で十分楽しめるアプリが多数あります。

 

深夜までやりこむことで朝の目覚めが悪くなるのは当たり前!

 

節度ある使い方でiPadを楽しんで下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

基本設定   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

数式に答えを入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

TOPへ戻る