ipad使い方

iPadの使い方徹底マスター

iPadの使い方でつまずいたり、どのように使いこなすのか?迷っていませんか! 使い方を知ることでiPadがさらに生活に密着したツールになります。

SugarSyncでiPadを同期する方法とは

 

今や一人が複数台の端末を持つのが当たり前の時代になりました。

 

パソコン、iPadで作成したデータも、

 

以前ならUSBなどに入れて持ち運んでいたものですが、「クラウド」というサービスによって、どこからでも閲覧したり編集したりすることが可能になりました。

 

スポンサーリンク

 

 

クラウドとは、データを特定の端末ではなくインターネット上に保存して使うサービスのことです。

 

 

有名なクラウドサービスはやはりApple社のiCloudサービスなどでしょう。

 

では今回は、iPadやパソコンでデータを作成して、

 

どこからでも簡単に閲覧したり編集したりしたい方にぴったりのサービスを紹介したいと思います。

 

 

SugarSync(シュガーシンク)というサービスを聞いたことがありますか?

 

詳細はHPを確認してみてください。

 

iCloudのようなネット上の保存場所を提供してくれるサービスです。

 

SugarSync公式サイト

 

 

5GBまでなら無料で利用することができます。

 

もっと大量の容量が必要な場合は有料サービスになります。

 

 

SugarSync設定方法

 

 

パソコンへSugarSyncのソフトをインストールします。

 

そしてメールアドレス、パスワードなどを決めアカウントを登録します。

 

 

iPadなどの端末をお持ちの場合は

 

そちらにもAppStoreなどでSugarSyncを探し、アプリをダウンロードします。

 

 

こちらにも同じメールアドレス、パスワードを入力します。

 

 

スポンサーリンク

 

パソコンで作成している文書をドラッグ&ドロップするだけで同期ができ、他の端末でもファイルを確認することができます。

 

 

大量の資料やプレゼンなどが多い業界でも、もう資料を持ち運びする必要はなくなります。

 

セキュリティー対策もしっかりしているので、安心して使えます。

 

まずは無料のサービスを使って、試してみるのはいかがですか?

 

 

まとめ

 

 

iPadも精密器械です。

 

ちょっとした衝撃でiPadが故障などに会う機会は絶対にないとは言い切れません。

 

そんな時あなたが今まで大切に取り扱ってきた貴重な

 

  • データ
  • 写真

 

復元できなとしたらショックですよね

 

外部にデータを保管するのは今は当たり前になってきています。

 

 

しかし注意していただきたいのが

 

IDやログイン時のパスワード

 

 

特にパスワードを同じにしているあなたは要注意です。

 

思わぬ個人情報漏れが出ないとも限りませんからね・・・

 

 

 

 

パスワードは個人情報が入っていない英数字を混ぜて作成してください。

 

このときなるべく多くの文字での作成を心がけてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

タグ :   

便利操作   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

数式に答えを入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

TOPへ戻る