ipad使い方

iPadの使い方徹底マスター

iPadの使い方でつまずいたり、どのように使いこなすのか?迷っていませんか! 使い方を知ることでiPadがさらに生活に密着したツールになります。

iPadで音楽を同期するにはクラウドサービスが役に立つ

 

iPadにお気に入りの音楽を入れて毎日手軽に音楽を楽しんでいる方は多いです。

 

iPadに音楽を取り込む方法としてはいくつかの方法がありますが、代表的なものとしてはiTunesを使って同期させるという方法があります。

スポンサーリンク

 

 

まず、お使いのパソコンにiTunesをダウンロードしてみましょう。

 

 

次に、iPadとパソコンをUSBケーブルで接続します。

 

iPadの画面でこのコンピュータを信頼しますか?という質問が表示されるので、「信頼する」ボタンをタップします。

 

そしてiTunesを立ち上げると、iPadがiTunesに表示されます。

 

 

こうして、iTunesにまず音楽のデータを取り込みます。

 

CDからでもインターネット経由でのダウンロードでも可能です。

 

 

そしてこのデータをiPadに同期することにより、iPadでも同じ音楽を聞くことができるようになります。

 

 

 

しかし、iPadを買い替えたりiPadのデータを消去してしまったりしたときに、いちいち上記の作業を繰り替えすのは面倒だと思うことでしょう。

 

 

音楽データもいつの間にかすごい容量になっていて、同期に長時間かかることもあります。

 

 

スポンサーリンク

 

そんな時には、「クラウド」サービスが役に立ちます。

 

 

クラウドとは、データをiPadではなくインターネット上に保存して使うサービスのことです。

 

最近Apple社が提供している機能に「iCloudミュージックライブラリ」というサービスがあります。

 

 

これはミュージックデータをインターネット上に保存しておいて、どの端末からでも音楽を聞けるサービスです。

 

有料のサービスですが、同期の手間はなくなります。

 

 

 

大量のデータがある方や端末をよく買い替える方などにはオススメのサービスです。

 

 

iCloudを上手に利用して、音楽ライフを楽しみたいですね。

 

 

オジサン世代にはそろそろ理解が出来ない時代に突入してきました。

 

ウォークマンで音楽聞いていた時代ですからね(^^ゞ

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

タグ :   

音楽関連   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

数式に答えを入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

TOPへ戻る