ipad使い方

iPadの使い方徹底マスター

iPadの使い方でつまずいたり、どのように使いこなすのか?迷っていませんか! 使い方を知ることでiPadがさらに生活に密着したツールになります。

iPadがフリーズする原因は?メモリ不足を解消するには?

 

iPadを使用している最中に起きるフリーズ、非常に厄介な現象だと言えます。

 

しかしフリーズには必ず原因が存在するわけです。

 

その原因を解消することでiPadのフリーズを減らすことが可能に!

 

スポンサーリンク

 

 

フリーズの原因として最も多いのがメモリが逼迫していて負荷がかかりフリーズを起こすという状態です。

 

  • パソコン
  • iPad(タブレット)
  • スマホ

 

上記を動かしているのがメモリです。

 

このメモリが大きければ処理能力多くなるので快適な操作が可能になります。

 

 

  • メモリとは

 

iPadにはメモリと呼ばれるアプリを動かすための机のような領域があり、

 

その机が手狭になってくることで、作業が続行できなくなりフリーズしてしまうことが非常に多いといえます。

 

 

作業台が大きければその分作業がはかどりますよね。

 

それと同じような考え方です。

 

 

作業台が小さけば、毎回作業の工程が変わるたびに片付けなければ次の工程に移せません。

 

 

  • この場合、机であるメモリが手狭になる原因は!

 

使用したアプリを終了させずにそのままの状態で新しいアプリを起動させて使用した場合です。

 

使用していないアプリは使用していなくても起動しているだけでもメモリを使用してしまいますから、終了させないと机であるメモリがどんどん狭くなっていくわけです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

そのため使用していないアプリを終了させればメモリが解放されますので、フリーズし難くなると言えます。

 

 

例【LINE】で説明します。

 

LINEなどのアプリに関しては、アプリ内のデータが多ければそれだけメモリを圧迫します。

 

トーク履歴を消すなどの作業を行うだけでもフリーズし難くなります。

 

特に最近のアプリはアプリ自体の容量も大きくなっていますから、使わない時には終了することを癖づけしておくことも必要です。

 

 

  • iPad自体を24時間365日使い続ける場合

 

フリーズしやすい状態となりますので1週間に1回くらいは再起動させることも必要となります。

 

再起動することで一旦iPadがクリアされますので、安心して使用するためにも再起動も定期的に行うようにしましょう。

 

 

まとめ

 

 

iPadは精密機器です。

 

  • 昨日まで普通に使えたのに・・・
  • ある日突然電源が入らない・・・

 

 

僕も過去に

 

 
パソコンが突然電源が入らないアクシデントに会いました。

 

しかも今みたいに貴重なデータはクラウド化して管理なんて時代では無かったので。

 

 

家電製品はいつかは壊れるものと思っていたほうがいいかもしれません。

 

特にiPadは外出先にも持ち歩きますので、バッグの中の衝撃は避けられません。

 

 

週一で

 

  • 電源の再起動
  • iCloud バックアップ

 

これだけは習慣化して下さい。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

フリーズ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

数式に答えを入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

TOPへ戻る