ipad使い方

iPadの使い方徹底マスター

iPadの使い方でつまずいたり、どのように使いこなすのか?迷っていませんか! 使い方を知ることでiPadがさらに生活に密着したツールになります。

iPadに音楽取り込みをiTunesを使わないでやる方法は?

 

iPadに、購入当初から入っている標準のアプリはiTunesです。

 

iPadとパソコンをUSB線で接続して、パソコンからiTunesを立ち上げます。

 

この状態で、購入したCDの音楽などをiPadに取り込むことができます。

 

iPad へCDから音楽取り込み方法

スポンサーリンク

 

 

音楽のデータ管理などもiTunes画面から行うことができます。

 

 

このように音楽データの取り込みで一般的に使われるiTunesですが、

 

それ以外でも

 

  • 音楽をダウンロードしたり
  • 取り込んで管理

 

したいというときにみなさんはどうしていますか?

 

 

実は、日本語表示をしてくれて、iTunesより簡単に操作できる

 

フリーソフトがたくさんあるんですよ。

 

インターネットで検索してみると、

 

  • 「iTools」
  • 「Floola」
  • 「SynciOS」

 

など多数のソフトが出ています。

 

どのソフトを使いたいかはユーザーによって異なると思います。

 

また有償ソフトも多数でていますので、機能を比べてみるといいですね。

 

 

どのソフトにも言えることですが、

 

iTunesより分かりやすく、

 

ワンクリックやドラッグで音楽データをコピーできたり、管理できるのが魅力です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

さて、上記のソフトのうち、僕のオススメは「SynciOS」です。

 

 

「SynciOS」は音楽、動画データはもちろん、

 

電子書籍や写真のデータも一括管理できます。

 

 

 

音楽のバックアップも簡単で、

 

iPadのデータをiPodに移したり、

 

スマートフォン以外の携帯、

 

昔のいわゆるガラケーにある音楽データもiPadに移行できたりします。

 

 

 

さらに、パソコンのデータをiPadに取り込むこともすぐに行えます。

 

 

 

このソフトは日本語にも対応しているので安心して利用出来ます。

 

複数の機器を自分らしくカスタマイズするのがとっても簡単です。

 

自分のパソコンライフにピッタリのソフトを見つけて、音楽を取り込んでみましょう。

 

 

まとめ

 

 

最初は何でもそうなんですけど

 

なれるまでが大変なんです。

 

しかしなれてしまえば今までやっていた方法が

 

  • 面倒
  • 予想以上に時間がかかっていた

 

新しい発見を感じる事が出来ます。

 

 

 

 

「習うより、なれろ!」

 

大好きな言葉です!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

音楽関連   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

数式に答えを入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

TOPへ戻る