ipad使い方

iPadの使い方徹底マスター

iPadの使い方でつまずいたり、どのように使いこなすのか?迷っていませんか! 使い方を知ることでiPadがさらに生活に密着したツールになります。

iPadのバッテリーの寿命を確認するアプリを使って長く使おう!

 

iPadは、手元で簡単に利用できるとても便利な端末です。

 

しかし、電源を入れっぱなしで使い続けると、バッテリーが心配になりますね。

 

Apple社のホームページには、バッテリーの寿命を最大限に引き延ばす方法が

 

載せられているので、ぜひ参照してみてください。

 

スポンサーリンク

 

 

iPadのバッテリ-は時間を伸ばす基本的なテクニック

 

 

「バッテリー駆動時間」

 

つまりiPadの再充電が必要になるまでの動作時間と

 

「バッテリー耐用年数」

 

つまり新しいバッテリーとの交換が必要になるまでの持続期間を最大に引き延ばすテクニックが書かれています。

 

 

 

まず基本的なことですが、iPadの状態を最新の状態にしておくことが大切です。

 

最新のソフトウェアにアップデートしておきましょう。

 

 

 

設定ボタンの「バッテリー」をタップし、バッテリー残量をオンにします。

 

そうすると、あとどれだけバッテリーが残っているか、パーセントでホーム画面に表示されます。

 

 

また各アプリの使用状況についてもこの画面で詳しく知ることができます。

 

 

スポンサーリンク

 

 バッテリーをより有効に使うために、アプリを使うという方法もあります。

 

 

AppStoreなどから「バッテリー」と検索してみましょう。

 

たくさんのアプリが出てきます。

 

「バッテリーHD」やその他、バッテリーに関するアプリが色々と出てきます。

 

 

用途に合わせて、アプリを選んでダウンロードしてみましょう。

 

 

バッテリーは何年使うとダメになるという明確な基準はなく、その人の使い方によっても様々な差が出てくる消耗品です。

 

不要な時には、電源を切るなどの対策も有効ですね。

 

 

簡単な操作ですが、iPadを使っているとなかなか面倒な作業はしなくなるものです。

 

意識して電源をオフにしてみましょう。

 

iPadを使用しなからといっても、電源をオフにしないかぎりiPadは稼働しています。

 

メモリーも消費します。

 

 

 

 

久しぶりにiPadを使ったら動作が重く感じた時は一旦電源をオフにしてみてください。

 

メモリーがリセットされます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

基本設定   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

数式に答えを入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

TOPへ戻る