ipad使い方

iPadの使い方徹底マスター

iPadの使い方でつまずいたり、どのように使いこなすのか?迷っていませんか! 使い方を知ることでiPadがさらに生活に密着したツールになります。

iPadがWifiに接続されていると紛失時に遠隔操作ができる?

 

データがいっぱい入っているiPadです。

 

きっと日ごろから

 

  • 紛失対策
  • 盗難対策

 

をしているのではないでしょうか。

 

どんな紛失防止ができるのか、基本的な操作を復習してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

iPadの場所がわかるアプリの紹介

 

 

まず「iPhoneを探す」というアプリをApp Storeからダウンロードしておきましょう。

 

アプリ名は「iPhoneを探す」ですが、iPadも設定できます

 

 

このアプリをタップすると、Apple IDとパスワードを入力します。

 

次に、iPadの「設定」ボタンから「iCloud」を選択します。

 

 

「iPadを探す」というボタンが出てくるので、そのボタンをタップして「オン」にしてください。

 

上記の設定を行ったら、iPadの「設定」をもう一度タップし、「プライバシー」を選びます。

 

 
「位置情報サービス」というボタンをタップし「オン」を選んでください。

 

これで、使っているiPadの位置を特定することができます。

 

 

ただし、Wifi経由でインターネットに接続するiPadの場合

 

Wifi+Cellularのものと比べてiPadの位置を正確には特定できません。

 

ある程度の位置情報でiPadを探していくことになります。

 

 

しかし、iPadを置き忘れた時などは自分が今まで来た場所

 

  • カフェ
  • 図書館
  • 友人宅

 

など

 

おおよその場所がわかるだけでもかなり助かります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

では、実際に万が一のことが発生してしまったら、どうしたらいいのかについて紹介しましょう。

 

 

iPadは手元にない状態なので、以降はすべてパソコンでの操作で紹介します。

 

パソコンからiCloudに接続します。

 

 

 

上記の設定iPadで行っていれば、「iPhoneを探す」のボタンをクリックすると、iPadの位置が表示されるようになっていると思います。

 

次に「紛失モード」をオンにします。

 

この状態でiPadが見つかるといいですね。

 

 

ただし見つからない場合

 

 

また手元に戻ってくるまでに時間がかかる場合はパソコン上で個人情報を守るため、iPadのデータを消去することができます

 

iPhoneを探すから「このiPadを消去」をクリックします。

 

 

 

この作業はiPadがWifiに接続されている場合に有効です。

 

 

 

これでiPadの情報が消去されました。

事前にiPadでの設定を行うことで、パソコンからiCloudにアクセスして、iPadを遠隔操作できます。

 

 

一度練習しておくと安心ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

タグ :   

紛失   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

数式に答えを入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

TOPへ戻る