ipad使い方

iPadの使い方徹底マスター

iPadの使い方でつまずいたり、どのように使いこなすのか?迷っていませんか! 使い方を知ることでiPadがさらに生活に密着したツールになります。

iPadで文書作成するならWordアプリの互換機能を使おう!

 

iPadで様々な文書作成を行っている人は多いと思います。

 

文書作成アプリには様々な種類があり、それぞれのアプリには、他のアプリやパソコンでも使用できるように、互換機能が付いています。

 

互換機能が多ければ多いほど、他の文書作成アプリでも閲覧したり編集したりできるので、便利ですね。

スポンサーリンク

 

 

iPadでも利用できるWordアプリがあるので、直接使うことができます。

 

 

App StoreからWordを探してダウンロードしてみましょう。

 

まずはアカウントの入力を行います。

 

このアカウントを作成することで、One Driveなどの機能を使って、iPadで作成した文書をパソコンで確認したり、変更したりすることも簡単に行えます。

 

 

Wordアプリの左には「新規」ボタンがあるので、このボタンをタップします。

 

Wordの入力画面が表示されます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ここから先の文書入力、作成はパソコンの操作とほとんど変わりません。

 

 

 

 

 

保存も初期設定では「自動保存」をしてくれるので安心ですね。

 

 

 

文書作成をしている画面の一番左上の「←」をタップしましょう。

 

「名前を付けて保存」という画面がでてきます。

 

 

左の項目の「One Drive」を選ぶと、パソコンなど他の端末でも文書を閲覧できます。

 

「iPad」を選ぶとこのiPadの中に文書が保存されます。

 

閲覧や変更はこのiPadの中で行うようになります。

 

 

もちろんパソコンで作った文書をOne Driveで保存すると、iPadで文書を閲覧したり編集したり、ちょっとした変更などが簡単にできます。

 

移動中に作業しないといけない時などにとっても役立ちます。

スポンサーリンク

 

 

 

タグ :   

仕事効率化   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

数式に答えを入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

TOPへ戻る