ipad使い方

iPadの使い方徹底マスター

iPadの使い方でつまずいたり、どのように使いこなすのか?迷っていませんか! 使い方を知ることでiPadがさらに生活に密着したツールになります。

iPadでプレゼンするならアプリでパワーポイントを使おう!

 

今やビジネスシーンでもなくてはならないアイテムであるiPadですが、

 

持ち運び専用のiPadに何でも情報を入れておくことができます。

 

以前はUSBやその他の記憶媒体にプレゼンなどの資料を入れていたのが、今は何も持たなくても大丈夫です。

 

iPad1台で情報管理をしている方も多いと思います。

スポンサーリンク

 

 

iPadにアプリを入れて、プレゼンの資料を作っている方もおられることでしょう。

 

 

AppStoreで右上の検索ボタンに「パワーポイント」と入力してみましょう。

 

Microsoft社の「パワーポイント」が表示されるので、ダウンロードしてみましょう。

 

 

パワーポイントをタップすると、まずはアカウントの入力です。

 

このアカウントを作成することで、OneDriveなどの機能を使うことができます。

 

 

保存の場所をOneDriveにすることで、

 

自分の

 

  • パソコン
  • iPhone

 

など他の端末からもパワーポイントの資料を閲覧したり編集したりできるので、

 

印刷された資料を持ち歩く必要もなくとっても便利です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

パワーポイントのアプリは無料ですが、アプリ内での課金で使えるようになる機能もあります。

 

 

詳しくは各HPを参照してみてください。

 

アプリを開くとまずは左側に「新規」ボタンがあるので、これをタップします。

 

すると、最初の画面が出てきます。

 

 

あとの作成方法はパソコンでの操作と同じです。

 

保存は自動保存に設定されています。

 

 

 
保存の場所をOneDriveに設定すると、パソコンや他の端末からでもファイルを閲覧したり編集したりできます。

 

 

もちろんパソコンで作成した資料をiPadで見ることも簡単です。

 

OneDriveを効率よく使って、iPadでプレゼン資料を作ってみるのもいいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

タグ :   

仕事効率化   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

数式に答えを入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

TOPへ戻る