ipad使い方

iPadの使い方徹底マスター

iPadの使い方でつまずいたり、どのように使いこなすのか?迷っていませんか! 使い方を知ることでiPadがさらに生活に密着したツールになります。

iPadの音楽転送を無線でおこなう方法は

 

iPadで音楽を楽しんでいる方はたくさんいますね。

 

僕も移動の合間とか、家の中でも時間があれば音楽を流しています。

 

iPadにお気に入りの音楽が同期できれば、いつでもどこでも音楽を楽しめます。

スポンサーリンク

 

 

CDやパソコン、カードなどに保存されている音楽をiPadに転送させる方法について、考えてみましょう。

 

 

まずは、パソコンとiPadをUSBケーブルで接続します。

 

現在、様々な音楽転送用のパソコンソフトがありますが、

 

ここでは一般的によく使われるiTunesを例に考えてみましょう。

 

 

パソコンの画面から「iTunes」を立ち上げます。

 

パソコンの画面で「WiFi経由でこのiPadと同期」という項目にチェックを入れます。

 

同期をクリックすると、iPadとiTunesが同期されます。

 

同期のスピードもなかなか速く、とっても簡単ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

一度「WiFi経由でこのiPadと同期」にチェックを入れておくと、次回からはパソコンとiPadをケーブルでつなぐ必要がなくなります。

 

 

無線で情報の転送ができるのは手間が省けていいですね。

 

iTunesを立ち上げると自動的にiPadが認識されています。

 

これで転送が格段にやりやすくなりました。

 

 

今回は、iTunesを使いましたが、そのほか、パソコンソフトも用途に合わせて色々なものがあります。

 

無償のものも多く「Any Trans」などのソフトを使って音楽ファイルを転送している人もいます。

 

お気に入りのソフトが見つかるといいですね。

 

 

iPadとパソコン間をフリーにして、音楽をどんどん同期できそうです!

 

早速ソフトを使って、音楽を転送してみましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

音楽関連   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

数式に答えを入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

TOPへ戻る