ipad使い方

iPadの使い方徹底マスター

iPadの使い方でつまずいたり、どのように使いこなすのか?迷っていませんか! 使い方を知ることでiPadがさらに生活に密着したツールになります。

iPadの紛失にGPS機能がなくても対策出来る方法

 

iPadを快適に使いこなすため、今日は

 

  • 盗難や
  • 紛失防止

 

のための対策を考えておきたいと思います。

 

簡単に持ち運べるiPad、紛失防止のための対策を日ごろから何かしていることはありますか

 

スポンサーリンク

 

 

盗難防止と聞いてすぐに思い出すのは、「GPS」機能ですね。

 

 

iPadの機種の中でGPS機能がついているのは

 

「Wifi+3G/4G/Cellular」モデルのものです。

 

 

WifiタイプにはGPSは搭載されていませんが、

 

付近のインターネットアクセスポイントを使って、ある程度の場所の特定ができる機能がついています。

 

 

iPadが手元からなくなってからでは遅いので、今からできる対策を確認しておきましょう。

 

 

上記のiPad、GPS機能のあるなしに関わらず、どのiPadでもできる対策です。

 

はじめに「iPhoneを探す」というアプリをApp Storeからダウンロードしておきましょう。

 

アプリ名は「iPhone」を探すですが、iPadも同じ設定方法です。

 

 

このアプリをタップすると、Apple ID とパスワードを入力する画面が出てきます。

 

次に、iPadの「設定」ボタンから、「iCloud」を選択します。

 

 

「iPadを探す」というボタンが出てきますので、そのボタンをタップして「オン」にしてください。

 

上記の設定を行ったら、iPadの「設定」をもう一度選び、「プライバシー」をタップします。

 

「位置情報サービス」というボタンをタップし「オン」を選んでください。

 

これで、使っているiPadの位置を特定することができます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

実際にiPadを紛失してしまった場合、パソコンからiCloudを立ち上げます。

 

 

上記の設定をiPadで事前に行っていれば、

 

「iPhoneを探す」のボタンをクリックすると、

 

タブレットの位置が分かるようになっていると思います。

 

 

次に「紛失モード」をオンにします。

 

この状態でiPadが見つかるといいですね。

 

 

まとめ

 

 

このサイトを辿り着いた時には紛失していたでは泣けます。

 

 
備えあれば憂いなし

 

 

後で後悔しても悔やむだけなんです。

 

 

今のちょっとした行動が安心すら得ることも出来ますからね!

 

いつやるの! 今でしょ(^^ゞ

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

紛失   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

数式に答えを入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

TOPへ戻る