ipad使い方

iPadの使い方徹底マスター

iPadの使い方でつまずいたり、どのように使いこなすのか?迷っていませんか! 使い方を知ることでiPadがさらに生活に密着したツールになります。

iPadって高齢者向けの本を読むときに役立つアプリがあるんです

 

iPadを使って、読書をする人はとても多いですね。

 

1台のiPadに何百冊、何千冊の情報が入るうえに、

 

持ち運び専用のiPadで

 

  • 新聞
  • 雑誌
  • 書籍
  • 文庫本

 

などを読んでいる方もいることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

場所を選ばないiPadで快適な読書ライフを楽しみたいものですね。

 

 

印刷された本より持ち運びしやすく、

 

電子書籍の最大の魅力は書籍の保管場所を取らないこと。

 

 

僕は自己啓発の書籍が好きなので良く買っていましたけど、

 

さすがに置き場所に困りるようになり、断捨離を兼ねて100冊ぐらい処分いたしました。

 

 

iPadなら無料で名作も読書が簡単に読書が楽しめます。

 

 

iPad用の読書アプリは様々なものがあります。

 

ここでは良く使われる「iBooks」アプリを使ってみましょう。

 

2015101401

 

 

iBooksアプリをタップします。

 

最初はまだ本がダウンロードされていませんので、何も出てきていない状態です。

 

画面の下に

 

  • 「おすすめ」
  • 「ランキング」
  • 「トップ著者」

 

などのボタンがありますので、気になるボタンをタップ

 

読みたい何かの本、または漫画を選んで「入手」ボタンをタップして、ダウンロードしてみましょう。

 

 

名作と言われた

 

  • 夏目漱石
  • 芥川龍之介
  • 太宰治

 

など、名作が無料で読めます。

 

 

iBooksアプリの「ブック」というボタンをタップするとこの中にダウンロードされた本が出てきます。

 

本をタップするとすぐに読み始めることができます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

読書をしていて文字が見にくいな、と思ったら読みやすくなるこんなアプリもあります。

 

 

「でか文字スコープ(使いやすい拡大鏡)」です。

 

無料ですので是非ダウンロードしてみてください。

 

 

 

2015101402

文字がとっても拡大され読みやすくなりますよ!

 

スマホにiPadにインストールしております

 

 

僕は既に老眼鏡しないと、新聞やパソコンの文字が見えません(^_^;)

 

こういった機能が読書を補助してくれますので、本を読むにあたってiPadは非常に高齢者向けであると言えます。

 

ぜひ高齢者の皆さんも色々な本を入手してiPadで読書を楽しんでください!

 

 

まとめ

 

 

読書は好きなので、今までは近所の本屋さんには休日よく通っていました。

 

しかし移転してしまい自転車でも遠いところへ・・・

 

最近の書籍購入は通販で購入していました。

 

 

でもね

 

せっかくiPadを持っているなら電子書籍に移行しようかと!

 

とにかく書籍も数が増えることで置き場所に困ります

 

正直同じ書籍を何回も読む事ありませんからね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

高齢者   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

数式に答えを入れて下さい。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

TOPへ戻る